葬式の方法

紫の菊

近年、葬式の方法は多様化しています。一般的な形式はもとより、各宗派に沿ったやり方や、地域特有の形式などもあります。また、家族葬と呼ばれる身内だけで行われる小規模な形式もあります。

理想の葬式

喪服の女性

どんな儀式にも基本的な決まりがあります。その方法を採用する事が一般的だとされていましたが、故人の遺言によってその方法を自由にするケースが増えていきました。人生の最後となる大きなイベントを自由に出来るのは嬉しい事でしょう。

思いを伝える

並んだロウソク

亡くなった家族の遺された品を家族で分ける事が出来ます。その分配方法は法的に定められていますが、生前に遺言書などを残しておく事で、故人が思う希望の方法を優先する事が出来るのです。現代は遺言書を前もって残す人が多くいます。

花を配置する男性

お墓の正しい選び方

お寺の風景

お墓を販売している専門の業者は全国的にいます。その業者の販売する商品は、業者によって異なる上に、購入後のアフターサービスの有無にも差があります。お墓は子孫に受け継がれていく大切なものなので、購入前に調べて決めましょう。

散骨を希望する

綺麗に並んだ蝋燭

火葬をして遺された遺骨をお墓にしまう事が一般的な方法ですが、散骨を希望する人もいます。散骨をする為には、遺骨を細かい粉状にする必要があり、専用の機械を用いて散骨をするのです。決まりがあるので、守りながら行ないましょう。

家族が亡くなった時に

二つの数珠

自分が亡くなった時、多くの財産を残さないまでも自分の葬儀代ぐらいは残して死にたいと思っていらっしゃる方がたくさんいます。自分の死後の多額の出費を心配しているわけです。なるほど現在の葬儀では平均200万円程度かかるなど、自分の子供に出費負担をしいらせるのは過酷だと思っていらっしゃる親世代もたくさんいらっしゃいます。ましてや死ぬときに、ぽっくりと逝ってしまうわけにはなかなかいかず、死ぬ前には何らかの医療機関にお世話になっているということが現状ではないでしょうか。多額の医療費に加え自分が死んだあとのことも考えなければなりません。 現代は生前から、葬儀方式を自分で決められる時代になりました。低予算でできる家族葬も葬儀方法の一つです。

葬儀を行う意味はなんでしょうか。大きなホールを貸切り葬式を上げる。その意味は、当人が亡くなったという告知にしかならないでしょう。多くの人たちで冥福を祈るという考え方もありますが、ほとんどの参列者はしがらみや社会的地位などで参列している人が多数だと思います。それならば物心知れた家族や親しい知人、友人などで送ってあげたほうがよいかもしれません。参列者の少ない家族葬という形にすれば、ものすごく濃い時間が作れることが請け合いですし経済的にも少額で執り行うことができると思います。 家族葬は自分が亡くなった後でも、自分の家族であるという絆を再認識する機会でもあるしこれから生活していくうえでの絶好の糧にもなります。派手に行う葬儀よりシンプルに行う家族葬という形もあるということを頭の片隅に置いておくのもいいのではないでしょうか。