葬式の方法

紫の菊

人がなくなると住んでいた地域の習わしや風習、その人が信仰していた宗教などから葬儀方法が画一化されていました。今でもこれはこうやらなければならないという方も、まれに見受けられます。自分の最後のセレモニーである自分の葬儀が人によってきめられてしまう時代でした。自分の意思が一つも反映されない儀式だったのです。 現代は終活活動にみられるように、生前から自分の葬儀を生前にリクエストが可能な時代になりました。またそれにこたえてくれる葬儀業社もたくさんあります。まさしく現代は個性の尊重が、その人の最後の儀式であるお葬式に反映される時代となってきています。 葬式方法も多様化し経済的で質素に執り行う直葬や家族葬など、見送る側に配慮をした葬式を選ばれる方も増加しています。

同居家族を中心に親しい間柄の人のみで行う、家族葬という形態が近年急激に人気となっています。一般的なお葬式に比べて費用が安いのが特徴としてあげられます。子供世代の負担をかけたくないという思いにより、生前からこの葬式方法を考えておられる方もいらっしゃいます。しかしこれはお葬式が本来個人とのお別れの場であるという考えが抜け落ちているため、問題が起こることがあります。家族葬をあげた後、個人の友人や知り合いから訪問や問い合わせがひっきりなしに来ることもあります。 家族葬には決まった形がないため、各葬儀会社いろいろなプランを提示しています。結局参列者が少なければ費用は安くなるため、葬儀社のプランをよく検討して判断されることが重要です。