思いを伝える

並んだロウソク

最近、「終活(しゅうかつ)」というものが盛んになってきています。 ご自信の最期のことはご自信で決めておきたい、家族に迷惑をかけたくないという思いからだと思われます。 「終活」とは、お葬式、お墓、遺産整理などを生前にご自身で決めておくということが主な内容になります。 「エンディングノート」を書いておくというのも「終活」のひとつでしょう。 最近では、書店でもこの「エンディングノート」がたくさん販売されています。 「エンディングノート」の中にはご自信の財産の内容や、財産の分配の仕方について記入するページがあるものがほとんどです。 しかし「エンディングノート」に記入された財産の分配の内容は、あくまでも本人の希望であり、法的には有効ではないということに気をつけなければなりません。では、法的に有効な遺言作成をするにはどうしたら良いでしょうか。

大まかに分類して、遺言作成の方法には二つの方法があります。 ひとつは、「自筆証書遺言」もうひとつは「公正証書遺言」です。 このふたつの遺言作成の方法には、メリットとデメリットがあります。 「自筆証書遺言」のメリットは ・内容を内緒にしておける ・費用がかからない などです。 デメリットとしては ・ご自信が亡くなった後、発見されない恐れがある ・改ざんや破棄される恐れがある  ・裁判所での検認という手続きが必要 ・厳格の形式があり、守られていないと無効になる場合がある などです。 「公正証書遺言」のメリットは ・公証人という専門家が関与するので形式の不備の問題はない ・裁判所での検認の必要がないので相続手続きがスムーズにすすめられる などです。 デメリットとしては ・費用がかかる ・証人2名が必要 などです。 みなさんも、有効な遺言作成をして、ご家族にご自信の思いを残しておきましょう。 ・原本が公証役場の保管されるので、改ざんや破棄の心配がない